https://kokusaihiroba.or.jp/about/greeting/

公益社団法人 福岡県国際交流センター

掲揚儀礼

国旗の貸出
掲揚儀礼

2カ国(かこく)の場合(ばあい)

国旗(こっき)は、原則(げんそく)として自国旗(じこくき)に最優先権(さいゆうせんけん)が与(あた)えられますが、今日日本(こんにちにほん)では、とくに日本国旗(にほんこっき)を右側(みぎがわ)に掲揚(けいよう)するのが一般的(いっぱんてき)です。つまり2 カ国(かこく)の国旗(こっき)を掲揚(けいよう)する場合(ばあい)は、外国(がいこく)に敬意(けいい)を表(あらわ)すという意味(いみ)から外国国旗(がいこくこっき)をポールまたは壁(かべ)に向(む)かって左側(ひだりがわ)(上位席(じょういざ))に掲揚(けいよう)するわけです。 ポールを使用(しよう)する場合(ばあい)は、ポールの交差(こうさ)する部分(ぶぶん)が「外国旗(がいこくき)が上(うえ)から交差(こうさ)」する形(かたち)となりますので、十分(じゅうぶん)な注意(ちゅうい)が必要(ひつよう)です。

  • (れい)1 ポールに掲揚(けいよう)する場合(ばあい)
    外国国旗(がいこくこっき)
    【ポールに掲揚する場合】外国国旗
    日本国旗(にほんこっき)
    【ポールに掲揚する場合】日本国旗
  • (れい)2 壁(かべ)に掲揚(けいよう)する場合(ばあい)
    外国国旗(がいこくこっき)
    【壁に掲揚する場合】外国国旗
    日本国旗(にほんこっき)
    【壁に掲揚する場合】日本国旗
  • (れい)3 交差(こうさ)して掲揚(けいよう)する場合(ばあい)
    訪問客(ほうもんきゃく)から見(み)た配置(はいち)
    【交差して掲揚する場合】訪問客から見た配置
    【交差して掲揚する場合】訪問客から見た配置 拡大図

3カ国(かこく)の場合(ばあい)

3カ国(かこく)の場合(ばあい)は、通常日本(つうじょうにほん)の国旗(こっき)を中央(ちゅうおう)に、他(ほか)の2 カ国(かこく)の国旗(こっき)は、国連方式(こくれんほうしき)による国名(くにめい)アルファベット順(じゅん)となります。したがって、先順位(せんじゅんい)の外国国旗(がいこくこっき)を日本国旗(にほんこっき)に向(む)かって左側(ひだりがわ)に、そして他(ほか)の一国(いっこく)の国旗(こっき)を右側(みぎがわ)に掲揚(けいよう)します。

  • (れい)4 ポールに掲揚(けいよう)する場合(ばあい)
    オーストラリア
    【ポールに掲揚する場合】オーストラリア
    日本(にほん)
    【ポールに掲揚する場合】日本
    カナダ
    【ポールに掲揚する場合】カナダ
  • (れい)5 壁(かべ)に掲揚(けいよう)する場合(ばあい)
    オーストラリア
    【壁に掲揚する場合】オーストラリア
    日本(にほん)
    【壁に掲揚する場合】日本
    カナダ
    【壁に掲揚する場合】カナダ

(かべ)に掲揚(けいよう)する場合(ばあい)、スペースの関係(かんけい)で、複数(ふくすう)の国旗(こっき)を(掲揚(けいよう)できない場合(ばあい)には縦(たて)に長(なが)く掲揚(けいよう)することも可能(かのう)です。この場合(ばあい)、例(たと)えばアメリカ合衆国(がっしゅうこく)の星条旗(せいじょうき)やオーストラリアなど、旗(はた)の左上部(ひだりじょうぶ)の小区画(しょうくかく)(カントン)がある国旗(こっき)については、必(かなら)ずカントンが右上方(みぎじょうぶ)(向(む)かって左上方(ひだりじょうぶ))にくるようにしなければなりません。

  • (れい)6 縦(たて)に掲揚(けいよう)する場合(ばあい)
    オーストラリア
    【縦に掲揚する場合】オーストラリア
    日本(にほん)
    【縦に掲揚する場合】日本
    カナダ
    【縦に掲揚する場合】カナダ
  • (れい)7 カントンの位置(いち)
    【カントンの位置その1】
    【カントンの位置その2】

4カ国以上(かこくいじょう)の場合(ばあい)

4カ国以上(かこくいじょう)の場合(ばあい)は、通常(つうじょう)、国連方式(こくれんほうしき)によるアルファベット順(じゅん)に従(したが)って配置(はいち)していく方法(ほうほう)が一般的(いっぱんてき)です。ポールまたは壁(かべ)に向(む)かって左(ひだり)から右(みぎ)へ羅列(られつ)していくのが一般的(いっぱんてき)ですが、国旗(こっき)が奇数(きすう)の場合(ばあい)は日本国旗(にほんこっき)を中央(ちゅうおう)にして、外国国旗(がいこくこっき)をアルファベット順(じゅん)に交互左右(こうごさゆう)に配列(はいれつ)していく方法(ほうほう)があります。

(れい)8 国連方式(こくれんほうしき)
アルゼンチン
(Argentina)
【4カ国以上の場合】アルゼンチン
ブラジル
(Brazil)
【4カ国以上の場合】ブラジル
中国(ちゅうごく)
(China)
【4カ国以上の場合】中国
日本(にほん)
(Japan)
【4カ国以上の場合】日本
アメリカ
(USA)
【4カ国以上の場合】アメリカ
例9 日本(にほん)を中心(ちゅうしん)とする場合(ばあい)
中国(ちゅうごく)
【日本を中心とする場合】中国
アルゼンチン
【日本を中心とする場合】アルゼンチン
日本(にほん)
【日本を中心とする場合】日本
ブラジル
【日本を中心とする場合】ブラジル
アメリカ
【日本を中心とする場合】アメリカ

卓上旗(たくじょうき)の場合(ばあい)

国旗掲揚(こっきけいよう)の仕方(しかた)は、前記(ぜんき)と同様(どうよう)ですが、次(つぎ)のようないろいろな配置(はいち)が考(かんが)えられます。

【卓上旗の場合その1】
交差部分(こうさぶぶん)については例(れい)3参照(さんしょう)
【卓上旗の場合その2】交差部分については例3参照
【卓上旗の場合】
【卓上旗の場合】

国旗(こっき)と団体旗(だんたいき)を同時併揚(どうじけいよう)する場合(ばあい)

国旗(こっき)は一国(いっこく)を代表(だいひょう)するものですから、国旗(こっき)と団体旗(だんたいき)を併揚(けいよう)することは厳(げん)に避(さ)けるべきでしょう。しかし、どうしても併揚(けいよう)せざるを得(え)ない場合(ばあい)は、国旗(こっき)は団体旗(だんたいき)よりも大(おお)きくし、また、団体旗(だんたいき)よりも高(たか)く揚(あ)げなければなりません。したがって、こうした掲揚(けいよう)の仕方(しかた)は、屋内(おくない)で、しかも壁(かべ)などに掲揚(けいよう)する場合(ばあい)には可能(かのう)ですが、屋外(おくがい)にある高(たか)さが同一(どういつ)のポールへの掲揚(けいよう)は、団体旗(だんたいき)が半旗掲揚(はんきけいよう)の形(かたち)となってしまうので、事実上不可能(じじつじょうふかのう)となるわけです。いずれにしても、国旗(こっき)と団体旗(だんたいき)の併揚(けいよう)は厳(げん)に慎(つつし)むべきでしょう。

(れい)10 国旗(こっき)と団体旗(だんたいき)を同時併揚(どうじけいよう)する場合(ばあい)
(かべ)に向(む)かって左(ひだり)が日章旗(にっしょうき)、左(ひだり)が団体旗(だんたいき)
【国旗と団体旗を同時併揚する場合】壁に向かって左が日章旗、左が団体旗
(わる)い例(れい)
【国旗と団体旗を同時併揚する場合】悪い例

半旗(はんき)の掲揚(けいよう)

弔意(ちょうい)を表(あらわ)す場合(ばあい)は、半旗(はんき)を揚(あ)げることがあります。いかなる場合(ばあい)に半旗(はんき)を掲揚(けいよう)するかについては、別段(べつだん)の定(さだ)めはありませんが、国葬(こくそう)または国葬(こくそう)に準(じゅん)ずる葬儀(そうぎ)のある場合(ばあい)には、そのつど内閣(ないかく)の決定通達(けっていつうたつ)が行(おこな)われ、官庁庁舎(かんちょうちょうしゃ)には半旗(はんき)が掲揚(けいよう)されることになっています。また、外国元首(がいこくげんしゅ)の逝去(せいきょ)により、外国(がいこく)で国葬(こくそう)が行(おこな)われる場合(ばあい)は、国葬日(こくそうび)に、総理官邸(そうりかんてい)および外務省(がいむしょう)の旗(はた)は半旗(はんき)とすることになっています。半旗(はんき)の仕方(しかた)は、一度(いちど)ポールの上(うえ)まであげてから、半旗(はんき)の位置(いち)に下(さ)げ、おろす時(とき)も、一度上(いちどうえ)にあげてからおろします。半旗(はんき)の掲揚(けいよう)が旗竿(はたざお)その他(た)の構造上無理(こうぞうじょうむり)な場合(ばあい)は、冠頭(かんとう)(旗竿(はたざお)の最上部(さいじょうぶ))を黒布(くろめ)で巻(ま)くのも一方法(いっぽうほう)です。

国旗(こっき)の立(た)て方(かた)

「国旗(こっき)」は、その国(くに)を象徴(しょうちょう)するシンボルともいえるものです。外国(がいこく)から訪問客(ほうもんきゃく)を迎(むか)える場合(ばあい)、国旗(こっき)を掲揚(けいよう)することで、その敬意(けいい)を表(あらわ)すことができます。しかし、その取(と)り扱(あつか)い方(ほう)をまちがえますと、相手国(あいてこく)に失礼(しつれい)になるばかりでなく、国際親善(こくさいしんぜん)、友好(ゆうこう)を深(ふか)めるせっかくの機会(きかい)もだいなしになってしまいます。 国旗(こっき)の取(と)り扱(あつか)いについては、ある程度国際的(ていどこくさいてき)に承認(しょうにん)された基本原則(きほんげんそく)や慣行(かんこう)がありますので、対応(たいおう)に十分(じゅうぶん)な注意(ちゅうい)が必要(ひつよう)となります。

国旗掲揚(こっきけいよう)の基本原則(きほんげんそく)

  1. 国旗(こっき)は、国家国民(こっかこくみん)を象徴(しょうちょう)するシンボルとして掲揚(けいよう)されるものですから、汚(よご)れたり、破損(はそん)したりしたものを使用(しよう)してはなりません。
  2. 国旗(こっき)を旗竿(はたさお)(ポール)に掲揚(けいよう)する場合(ばあい)は、常(つね)に旗竿(はたさお)の最上部(さいじょうぶ)(竿頭(さおがしら))に接(せっ)して掲(あ)げなければなりません。また、三脚(さんきゃく)などを使用(しよう)する場合(ばあい)は、国旗(こっき)を地面(じめん)につけてはいけません。
  3. 日本国旗(にほんこっき)と外国国旗(がいこくこっき)を同時(どうじ)に掲(あ)げる場合(ばあい)には、国旗(こっき)の大(おお)きさは同一(どういつ)のもので、旗竿(はたざお)の高(たか)さも同一(どういつ)としなければなりません。(壁(かべ)に掲揚(けいよう)する場合(ばあい)も、同一(どういつ)の高(たか)さとします)。
  4. 外国国旗(がいこくこっき)と日本国旗(にほんこっき)と併揚(けいよう)する場合(ばあい)、国(くに)によっては、革命(かくめい)や国家元首(こっかげんしゅ)の交替(こうたい)などに伴(したが)い、国旗(こっき)の図柄(ずがら)がその全部(ぜんぶ)または一部(いちぶ)が変(か)わる場合(ばあい)もありますので、事前(じぜん)に国旗(こっき)のサイズ(縦・横(たて・よこ)の比率(ひりつ))および図柄(ずがら)について確認(かくにん)することが必要(ひつよう)です。
  5. 自国(じこく)の国旗(こっき)(日本国旗(にほんこっき))を掲(あ)げることなく、外国国旗(がいこくこっき)のみを掲(あ)げてはいけません。
  6. 一本(いっぽん)のポールに二カ国以上(かこくいじょう)の国旗(こっき)を掲(あ)げてはいけません。
  7. 二カ国(にかこく)の国旗(こっき)を掲揚(けいよう)する場合(ばあい)、国旗掲揚(こっきけいよう)の上位(じょうい)の位置(いち)とは、内側(うちがわ)から見(み)て右側(みぎがわ)、すなわち外側(そとがわ)から見(み)て左側(ひだりがわ)となります。
  8. 通常(つうじょう)、国旗(こっき)と団体旗(だんたいき)は併用(へいよう)しません。ただし、併揚(けいよう)する場合(ばあい)には、国旗(こっき)は団体旗(だんたいき)よりも大(おお)きく、団体旗(だんたいき)よりも高(たか)く掲揚(けいよう)しなければなりません。
  9. 複数(ふくすう)の国旗(こっき)を掲揚(けいよう)する場合(ばあい)、および国旗(こっき)と、これとは性格(せいかく)の異(こと)にする旗(はた)(団体旗(だんたいき)など)を掲揚(けいよう)する場合(ばあい)は、最上位(さいじょうい)の旗(はた)を最初(さいしょ)に掲揚(けいよう)します。また降納(こうのう)の場合(ばあい)は、最上位(さいじょうい)の旗(はた)を最後(さいご)とします。
  10. 国旗(こっき)の掲揚(けいよう)は、通常(つうじょう)、日(ひ)の出(で)(または始業時(しぎょうじ))から日没(にちぼつ)(または終業時(しゅうぎょうじ))までとします。
  11. 雨天(うてん)の場合(ばあい)は、通常(つうじょう)、国旗(こっき)を屋外(おくがい)に掲揚(けいよう)しません。
  12. 弔意(ちょうい)を表(あらわ)す場合(ばあい)は、半旗(はんき)を掲(あ)げることがあります。その手順(てじゅん)は、ポールの場合(ばあい)、一度旗竿(いちどはたざお)の最上部(さいじょうい)まであげてから半旗(はんき)の位置(いち)まで下(さ)げます。また、降納(こうのう)する場合(ばあい)も、旗竿(はたざお)の最上部(さいじょうぶ)まであげてから降納(こうのう)します。
  13. 国旗掲揚(こっきけいよう)の際(さい)は、起立(きりつ)して姿勢(しせい)を正(ただ)し、目礼(もくれい)または脱帽(だつぼう)して国旗(こっき)に敬意(けいい)を表(あらわ)すのが、国際的(こくさいてき)な慣例(かんれい)となっています。

(出典(しゅってん):「国際儀礼(こくさいぎれい)に関(かん)する12章(しょう) プロトコール早分(はやわ)かり」外務省外務報道官編集(がいむしょうがいむほうどうかんへんしゅう)・世界(せかい)の動(うご)き社発行(しゃはっこう)より)