公益社団法人 福岡県国際交流センター

現在緊急のお知らせはありません

掲揚儀礼

国旗の貸出
掲揚儀礼

2カ国の場合

国旗は、原則として自国旗に最優先権が与えられますが、今日日本では、とくに日本国旗を右側に掲揚するのが一般的です。つまり2 カ国の国旗を掲揚する場合は、外国に敬意を表すという意味から外国国旗をポールまたは壁に向かって左側(上位席)に掲揚するわけです。 ポールを使用する場合は、ポールの交差する部分が「外国旗が上から交差」する形となりますので、十分な注意が必要です。

  • 例1 ポールに掲揚する場合
    外国国旗
    【ポールに掲揚する場合】外国国旗
    日本国旗
    【ポールに掲揚する場合】日本国旗
    例3 交差して掲揚する場合
    訪問客から見た配置
    【交差して掲揚する場合】訪問客から見た配置
    【交差して掲揚する場合】訪問客から見た配置 拡大図
  • 例2 壁に掲揚する場合
    外国国旗
    【壁に掲揚する場合】外国国旗
    日本国旗
    【壁に掲揚する場合】日本国旗

3カ国の場合

3カ国の場合は、通常日本の国旗を中央に、他の2 カ国の国旗は、国連方式による国名アルファベット順となります。したがって、先順位の外国国旗を日本国旗に向かって左側に、そして他の一国の国旗を右側に掲揚します。

  • 例4 ポールに掲揚する場合
    オーストラリア
    【ポールに掲揚する場合】オーストラリア
    日本
    【ポールに掲揚する場合】日本
    カナダ
    【ポールに掲揚する場合】カナダ
  • 例5 壁に掲揚する場合
    オーストラリア
    【壁に掲揚する場合】オーストラリア
    日本
    【壁に掲揚する場合】日本
    カナダ
    【壁に掲揚する場合】カナダ

壁に掲揚する場合、スペースの関係で、複数の国旗を(掲揚できない場合には縦に長く掲揚することも可能です。この場合、例えばアメリカ合衆国の星条旗やオーストラリアなど、旗の左上部の小区画(カントン)がある国旗については、必ずカントンが右上方(向かって左上方)にくるようにしなければなりません。

  • 例6 縦に掲揚する場合
    オーストラリア
    【縦に掲揚する場合】オーストラリア
    日本
    【縦に掲揚する場合】日本
    カナダ
    【縦に掲揚する場合】カナダ
  • 例7 カントンの位置
    【カントンの位置】
    【カントンの位置】

4カ国以上の場合

4カ国以上の場合は、通常、国連方式によるアルファベット順に従って配置していく方法が一般的です。ポールまたは壁に向かって左から右へ羅列していくのが一般的ですが、国旗が奇数の場合は日本国旗を中央にして、外国国旗をアルファベット順に交互左右に配列していく方法があります。

例8 国連方式
アルゼンチン (Argentina)
【4カ国以上の場合】アルゼンチン
ブラジル (Brazil)
【4カ国以上の場合】ブラジル
中国 (China)
【4カ国以上の場合】中国
日本 (Japan)
【4カ国以上の場合】日本
アメリカ (USA)
【4カ国以上の場合】アメリカ
例9 日本を中心とする場合
中国
【日本を中心とする場合】中国
アルゼンチン
【日本を中心とする場合】アルゼンチン
日本
【日本を中心とする場合】日本
ブラジル
【日本を中心とする場合】ブラジル
アメリカ
【日本を中心とする場合】アメリカ

卓上旗の場合

国旗掲揚の仕方は、前記と同様ですが、次のようないろいろな配置が考えられます。

【卓上旗の場合】
交差部分については例3参照
【卓上旗の場合】交差部分については例3参照
【卓上旗の場合】
【卓上旗の場合】

国旗と団体旗を同時併揚する場合

国旗は一国を代表するものですから、国旗と団体旗を併揚することは厳に避けるべきでしょう。しかし、どうしても併揚せざるを得ない場合は、国旗は団体旗よりも大きくし、また、団体旗よりも高く揚げなければなりません。したがって、こうした掲揚の仕方は、屋内で、しかも壁などに掲揚する場合には可能ですが、屋外にある高さが同一のポールへの掲揚は、団体旗が半旗掲揚の形となってしまうので、事実上不可能となるわけです。いずれにしても、国旗と団体旗の併揚は厳に慎むべきでしょう。

例10 国旗と団体旗を同時併揚する場合
壁に向かって左が日章旗、左が団体旗
【国旗と団体旗を同時併揚する場合】壁に向かって左が日章旗、左が団体旗
悪い例
【国旗と団体旗を同時併揚する場合】悪い例

半旗の掲揚

弔意を表す場合は、半旗を揚げることがあります。いかなる場合に半旗を掲揚するかについては、別段の定めはありませんが、国葬または国葬に準ずる葬儀のある場合には、そのつど内閣の決定通達が行われ、官庁庁舎には半旗が掲揚されることになっています。また、外国元首の逝去により、外国で国葬が行われる場合は、国葬日に、総理官邸および外務省の旗は半旗とすることになっています。半旗の仕方は、一度ポールの上まであげてから、半旗の位置に下げ、おろす時も、一度上にあげてからおろします。半旗の掲揚が旗竿その他の構造上無理な場合は、冠頭(旗竿の最上部)を黒布で巻くのも一方法です。

国旗の立て方

「国旗」は、その国を象徴するシンボルともいえるものです。外国から訪問客を迎える場合、国旗を掲揚することで、その敬意を表すことができます。しかし、その取り扱い方をまちがえますと、相手国に失礼になるばかりでなく、国際親善、友好を深めるせっかくの機会もだいなしになってしまいます。 国旗の取り扱いについては、ある程度国際的に承認された基本原則や慣行がありますので、対応に十分な注意が必要となります。

国旗掲揚の基本原則

  1. 国旗は、国家国民を象徴するシンボルとして掲揚されるものですから、汚れたり、破損したりしたものを使用してはなりません。
  2. 国旗を旗竿(ポール)に掲揚する場合は、常に旗竿の最上部(竿頭)に接して掲げなければなりません。また、三脚などを使用する場合は、国旗を地面につけてはいけません。
  3. 日本国旗と外国国旗を同時に掲げる場合には、国旗の大きさは同一のもので、旗竿の高さも同一としなければなりません。(壁に掲揚する場合も、同一の高さとします)。
  4. 外国国旗と日本国旗と併揚する場合、国によっては、革命や国家元首の交替などに伴い、国旗の図柄がその全部または一部が変わる場合もありますので、事前に国旗のサイズ(縦・横の比率)および図柄について確認することが必要です。
  5. 自国の国旗(日本国旗)を掲げることなく、外国国旗のみを掲げてはいけません。
  6. 一本のポールに二カ国以上の国旗を掲げてはいけません。
  7. 二カ国の国旗を掲揚する場合、国旗掲揚の上位の位置とは、内側から見て右側、すなわち外側から見て左側となります。
  8. 通常、国旗と団体旗は併用しません。ただし、併揚する場合には、国旗は団体旗よりも大きく、団体旗よりも高く掲揚しなければなりません。
  9. 複数の国旗を掲揚する場合、および国旗と、これとは性格の異にする旗(団体旗など)を掲揚する場合は、最上位の旗を最初に掲揚します。また降納の場合は、最上位の旗を最後とします。
  10. 国旗の掲揚は、通常、日の出(または始業時)から日没(または終業時)までとします。
  11. 雨天の場合は、通常、国旗を屋外に掲揚しません。
  12. 弔意を表す場合は、半旗を掲げることがあります。その手順は、ポールの場合、一度旗竿の最上部まであげてから半旗の位置まで下げます。また、降納する場合も、旗竿の最上部まであげてから降納します。
  13. 国旗掲揚の際は、起立して姿勢を正し、目礼または脱帽して国旗に敬意を表すのが、国際的な慣例となっています。

(出典:「国際儀礼に関する12章 プロトコール早分かり」外務省外務報道官編集・世界の動き社発行より)