公益社団法人 福岡県国際交流センター

現在緊急のお知らせはありません

特別支援学校・高等学校

授業の様子
特別支援学校・高等学校

過去に実施した授業の様子を紹介します

福岡県立北九州視覚特別支援学校

(1)内容
科目
総合的な学習の時間
対象
小学4~6年生
講師
ガーナ(日本人講師)
テーマ
外国の文化を知ろう
授業のねらい
外国の文化を知り、交流することで、自国と共に他国の文化を尊重する態度を養う。
(2)授業
10分
講師と生徒が互いに自己紹介
40分
ガーナの紹介
(現地語での挨拶、ガーナの位置、食文化、住居などの話)
青年海外協力隊の活動について
・コミュニティー開発の一環として作成した、かごバスケットの紹介 ・日本とアフリカの繋がり
5分
質疑応答
5分
授業のまとめ・感想
(3)先生の声

視覚障害がある中で、民族衣装を着たり、ガーナで作られたかごバックを触ったりする経験は、外国の文化に触れる良い機会となった。その後の生徒の感想では、日本の良さや青年海外協力隊の重要な役割について学んだ児童もいた。

(4)児童の感想

フラフラ語を聞いたり、挨拶を習ったりして、どんな言葉で生活していたかがよく分かりました。

日本とアフリカの繋がりクイズでは、知らなかったことが沢山あり、アフリカを身近に感じられました。

外国の文化を学ぶ小学生

県立福岡魁誠高等学校

(1)内容
科目
産業社会と人間
対象
高校1年生
講師
セルビア、チェコ、ブラジル、イタリア、エジプト、インド、カザフスタン
テーマ
異文化交流
授業のねらい
世界に目を向け、日本・自己のあり方を考える。
(2)授業
50分
講師による自国の紹介(衣・食・住について)
体験活動
・サンバ(ブラジル)
・パスタを使ったクラフト作り(イタリア)
など
生徒による日本文化の紹介
・相撲、剣道、太鼓の実演 など
(3)先生の声

ねらいとしていた国際社会の一員であるという自覚までは到 達できなかったが、意欲・興味を持つ生徒が出てきた。また、事前・事後指導を工夫することで、生徒の意識をもっと高めること ができたのではないかと感じた。

(4)児童の感想

外国の文化やその良さがよく分かりました。また、日本と外国の“当たり前”が違うことが分かりました。あと、自分達の日本文化の発表も喜んでもらえてうれしかったです。

異文化交流と生徒による日本文化の紹介